家族の了解を得て初めて決まる社葬という葬儀の形

社葬とは、亡くなった人が所属していた会社で、大きな功績があったり、仕事をしているときに亡くなる殉職した場合であったりした場合の行われる葬儀のことです。社員や役員の功労に対して会社をあげて葬儀をしてその功労に報いるという意味があり、費用も会社が負担します。しかし、その構成にはいくつかの種類があり、大きく分けると、社葬である本葬を中心にして、個人葬は密葬として行う、両方ともに本格的に行う、つまり2回葬儀を行う、社葬のみを行うなどです。その中でもいちばん多いのが、密葬と本葬に分けて行うという形です。この葬儀の決定は、社内の葬儀の規定に基づいて行われることが理想的だとされています。そして、この葬儀では、葬儀委員長と葬儀委員を決め、故人の家族に対しては、正式に会社主体の葬儀を行いたい旨を伝え、了解を得て行わなければならないとされています。家族の了解を得て、初めて葬儀の日程などが決められることになります。

社葬を執り行うメリットと注意点

人は誰もが必ず最後の時を迎えます。その際には、葬儀を執り行うことになりますが一口に葬儀といっても、一般葬や家族葬、直葬など様々なスタイルの葬儀があります。その中の一つとしてあげられるのが社葬です。会社の重役や会社に対して大きな利益をもたらした人などが亡くなった際に執り行われることが多いです。亡くなった人の立場によって、必要となる費用の負担を会社がどれくらい持つのかにも違いが生まれます。個人を見送るためというのはもちろんですが、会社の名誉にも関わるので一般的な葬儀よりもマナーなどには注意しなくてはなりません。執り行う側が注意することが多いのはもちろんの事、参列する人も失礼がないようにしなくてはなりません。亡くなった人と同等の地位の人が参列するか、亡くなった人よりも上の立場の人が参列することが基本となります。

社葬は会社の行事で派遣された社員は仕事になります

高齢化社会も関係しているのでしょうか、葬儀の形式が変わって来ています。それまでは個人葬と呼ばれる形式が多かったのですが、親しい人だけを集めて行なう家族葬と言った形式が、主な形にもなって来ています。そこには、費用の問題もあると考えられますが、葬儀に参列する人への心配りも影響して来ているのでしょう。その葬儀が変る中で依然として行なわれるものに、社葬があります。この社葬は、創業者であるとか、その会社の発展に寄与した人などのために行なわれるものになります。そのため会社が取り仕切ることになりますので、派遣された社員は仕事と考えて行動する必要があります。大事な取引先の方が参列に来ることが考えられます。そんな人たちに失礼のないようにするのも、大事なことになります。葬儀社の人たちは、関係を知らないことから、一般的な仕切りを行なうことになってしまいますので、注意が必要です。

富士典礼では、24時間お問い合わせを受け付けています。 社葬の司会は?社葬後の手続きは?など 社葬に関することならなんでもお問い合わせください。 業務遂行中に亡くなった社員の功績をたたえる目的で遺族と一緒に社葬を行う場合もあります。 社葬をしっかり行うことで、社内の結束が高まるなど会社にとっては重要な行事。 「お別れの会」は、宗旨宗派に関係なくホテルなどで行われることが多いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)